閉じる
新潟市市民活動支援センター > 支援・助成情報
支援・助成情報
助成金名 助成金額 募集期間
赤い羽根福祉基金 1事業・活動あたりの年間助成上限額は1,000万円です。 2020.12.11 ~ 2021.01.18
令和2年度継続助成(第2回) 洲崎福祉財団 2020.11.17 ~ 2021.01.16
ステップアップ助成 1団体あたり最大1億円(助成期間:最長3年) 2020.12.15 ~ 2021.01.15
持続化給付金 2020.05.01 ~ 2021.01.15
第2回 子どもの居場所づくり応援事業 1団体あたり1年間で上限400万円までの応募を可能とし、内容などを審査のうえ決定します。 2020.12.11 ~ 2021.01.08
イノベーション助成 2020.11.20 ~ 2021.01.07
雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例) 1.新型コロナウイルス感染症の影響により経営環境が悪化し、事業活動が縮小している
  2.最近1か月間の売上高または生産量などが前年同月比5%以上減少している(※)
   ※比較対象とする月についても、柔軟な取り扱いとする特例措置があります。
  3.労使間の協定に基づき休業などを実施し、休業手当を支払っている
助成対象となる労働者
事業主に雇用された雇用保険被保険者に対する休業手当などが、「雇用調整助成金」の助成対象です。
学生アルバイトなど、雇用保険被保険者以外の方に対する休業手当は、「緊急雇用安定助成金」の助成対象となります。(雇用調整助成金と同様に申請できます)
助成額と助成率、支給限度日数
    (平均賃金額(※) × 休業手当等の支払率)× 下表の助成率 (1人1日あたり15,000円が上限)

    ※平均賃金額の算定について、小規模の事業所(概ね20人以下)は簡略化する特例措置を実施しています。
2020.10.29 ~ 2020.12.31
地域助け合い基金 ◎コロナ禍対応助成(当分の間、優先配分)
コロナ禍により被った助け合い活動の被害額の支援(活動関係者が自ら補填する額)上限の目安 20万円
・活動を引き続き実施または継続を予定する場合とします。
・2020年2月1日に遡った申請が可能です。 
コロナ禍により生じた生活上の不便・不安を解消するための助け合い活動 上限 10万円
・申請時から概ね1か月以内に実施する取り組み(準備でも可)
◎共生社会推進助成
地域の助け合いを維持・発展する活動
(新たに団体を設立する場合、または新たに活動を広げる場合等)上限 15万円
・申請時から概ね6か月以内に実施する取り組み(準備でも可)
4.助成の対象団体(グループを含みます)
非営利の組織であること。法人格の有無は問いません。
自治会・町内会、地域の住民グループ等、個人の活動以外申請できます。
5.対象となる費用
活動を進めるための費用であれば特に費目の制限はありません。応募の内容に合わせて、申込書に具体的に記してください。
ただし、他の助成金や補助金等を受領し、使途が重複している場合は対象外となります。
2020.05.18 ~ 2020.12.31
中山間地域活性化対策(農林県単) 【補助率・額】
○支援型
1 地区支援型
  施設整備5/10、基盤整備4.5/10、機械整備1/3、推進費等5/10以内

2 やる気農家支援型
  1/6以内
  当該事業に要する経費の1/3以上を市町村が補助する場合に限る。
2020.04.01 ~ 2020.12.31
未来につなぐふるさと基金 2020.11.30 ~ 2021.01.18
2021年度 経済的困難を抱える子どもの学び支援活動助成 助成の総額
2021年度  計2,000万円以内
助成金総額: 20,000,000円
1件あたりの上限額: なし
2020.11.20 ~ 2021.01.08
2021年度 三菱財団社会福祉事業並びに研究助成 総額9千万円を予定。1件宛の金額は定めません。 2020.11.27 ~ 2020.11.27
2021年度 経済的困難を抱える子どもの学び支援活動助成 1団体あたり、最大3か年で総額900万円以内 2020年11月20日(金)~2021年1月8日(金)必着
コロナ禍だからこそ、活動を継続したい、実施回数を増やしたいといったこども食堂に対して、最大で50万円の資金を助成 2020.11.01 ~ 2021.01.31
第26回「北陸地域の活性化」に関する研究助成事業 地域づくり研究事業
技術開発支援事業
大学・企業・法人任意団体・個人またはこれらの団体
20~50万
助成予定数
15

技術開発共同研究
2つ以上の機関(大学または高専を含む)
200~300万
助成予定数
2
2020.11.30 ~ 2021.01.29
先頭に戻る