閉じる
新潟市市民活動支援センター > 支援・助成情報 > 第14回「未来を強くする子育てプロジェクト」
支援・助成情報
助成金名 第14回「未来を強くする子育てプロジェクト」
概要

趣旨

より良い子育て環境づくりに取り組む個人・団体を募集します。各地域の参考になる特徴的な子育て支援活動を社会に広く紹介し、他地域への普及を促すことで、子育て環境を整備し、子育て不安を払拭することを目的としています。

対象

より良い子育て環境づくりに資する活動を行い、成果を上げている個人・団体(規模は問いませんが、次の要件を満たすことが必要)を対象とします。

要件

子育て支援に資する諸活動を継続的に行っていること。
活動内容が社会に認められ、ロールモデルとなりうるものであること。
活動の公表を了承していただける個人・団体であること。
日本国内で活動している個人・団体であること。
受賞時に、団体名・連絡先、代表者等の氏名(本名)、活動の写真、活動内容等を、新聞・雑誌、インターネット等での公表にご協力いただける方。マスコミなどからの取材にご協力いただける方。

応募方法

応募用紙をダウンロードし基本情報をご記入の上、必要資料と一緒にお送りください。
①応募用紙の記入事項
  • 1. 活動を始めた経緯(200字程度)
  • 2. 活動を始めた時期、活動期間
  • 3. スタッフ数
  • 4. 利用者数
  • 5. 直近の決算 事業収入内訳
  • 6. 活動の特徴(200字程度)
  • 7. 活動地域における子育て環境の課題(200字程度)
  • 8. 具体的な活動内容(200字程度)
  • 9. 現在の成果(200字程度)
  • 10. 副賞で実現したいこと(200字程度)
  • 11. 過去の受賞歴
  • 12. 推薦書(1名)
②必要資料
  • 1. 活動の様子がわかる写真、または、A4用紙にプリントアウトしたもの
  • 2. その他の活動内容がわかる資料(パンフレットなど)
写真には、裏面に応募者名・団体名、活動状況などをご記入ください。
資料類は角2版封筒(A4版が入る大きさ)に入る程度の量とします。

選考

事務局による選考の後、「未来を強くする子育てプロジェクト」選考委員による選考会を経て、受賞者・団体を決定します。

選考委員

選考委員長 汐見  稔幸 [東京大学名誉教授、白梅学園大学名誉学長]
選考委員 大日向 雅美 [恵泉女学園大学学長]
奥山 千鶴子 [認定NPO法人びーのびーの理事長]
米田 佐知子 [子どもの未来サポートオフィス代表]
以上五十音順
高田 幸徳 [住友生命保険相互会社 執行役常務]

発表

受賞者は、2021年3月に都内で実施予定の表彰式*および「未来を強くする子育てプロジェクト」のwebサイト等で発表します。受賞者には2021年1月末までに直接ご連絡します。

*表彰式は、新型コロナウィルスの収束状況によっては、実施内容を変更する可能性がございます。

助成金額 ◎文部科学大臣賞/表彰状 
※スミセイ未来大賞の1組に授与
◎厚生労働大臣賞/表彰状 
※スミセイ未来大賞の1組に授与
◎スミセイ未来大賞/表彰盾、副賞100万円 
※2組程度
◎スミセイ未来賞/表彰盾、副賞50万円 
※10組程度
募集期間 2020年7月13日(月)~2020年9月4日(金)必着
URL https://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/child/bosyu.html
問合せ先 「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-14-7 光ビル
電話:03-3265-2283(平日10:00~17:30)
先頭に戻る