閉じる
新潟市市民活動支援センター > 活動レポート > ハンサム女子しゃべり場inニコット
活動レポート

ハンサム女子しゃべり場inニコット

レポート日:2018年10月18日  | イベント開催日:2018年10月13日  | ハンサム女子しゃべり場inニコット

10月13日(土)、ワーキングウィメンズアソシエーションの西篠和佳子氏、みなみらいプロジェクトの本間智美氏、新潟国際ボランティアセンターの三上杏里氏、えんでばの山本美幸氏という、ハンサムな(カッコイイ)女性リーダー達と、お茶を飲みながらおしゃべりをしました。

◇発想の生み出し方は? ◇資金の還流方法は? ◇人とのつながり方は? ◇活動継続のコツは?

〇縦割り行政にあっては、キーマンは課長らしいこと。〇支援した子どもと20年後に支援する仲間として再会したこと。〇人と本当につながるには足で歩いて人を訪ねて話をすること。〇マンネリ状況にへこたれたこともあること。

・・・などなど、とにかく明るいリーダーたちの、こわいものなしのフッ切れた本音トークが炸裂しました。

ニコット初のしゃべり場に参加した自称ハンサム男女は20名。「ものすごく楽しかった。」と、みんな笑顔でした。

次回もお楽しみに!

 


先頭に戻る