閉じる
新潟市市民活動支援センター > 活動レポート > NPO設立総会を記念して徳永昭輝先生(産科医)をお迎えし、記念講演会を行いました
活動レポート

NPO設立総会を記念して徳永昭輝先生(産科医)をお迎えし、記念講演会を行いました

レポート日:2017年10月25日  | イベント開催日:2017年10月01日  | 記念講演「産科医から見た新生児聴覚スクリーニング検査の意義について」

【期日】2017年10月1日(日)

【会場】サンライフ長岡大会議室(長岡市)

【参加者】医療、保健、教育関係者など46人

【内容・様子等】

「産科医から見た新生児聴覚スクリーニング検査の意義について」という演題で、新潟市のとくなが女性クリニック院長の徳永昭輝先生からお話をしていただくことができました。

難聴を引き起こす原因や赤ちゃんの聴覚の発達、新生児聴覚スクリーニング検査の実際やそれを告知することについてなど、分かりやすくお話しいただきました。

そして、難聴を早期発見することの大切さとそれに貢献する新生児聴覚スクリーニング検査の重要性についてもお話しいただきました。

「この世に生まれてきたこと、それ自体がエリートである。障害があってもなくても命そのものが尊い」という先生の考えが伝わるご講演でした。

会としても、産科・分娩施設とより連携を図らなければならないという思いを強くしました。

今後の活動へのお力添えをお願いしたいと思います。


先頭に戻る